こんなにあるの?!薬剤師の就職先について調べてみた!















ドラックストアで働く

ドラッグストアで薬剤師が勤務する場合、調剤業務の他にOTC医薬品販売をすることが特徴として挙げられます。このOTC販売は処方箋がありません。なので、顧客からのニーズやその症状に合わせて、適切な商品をお勧めしなくてはなりません。

また、使用に関してのアドバイスをすることも忘れてはいけないでしょう。また、ドラッグストアで働く場合、レジ打ちや品出しといった一般のスーパーのような仕事もあり、取り扱う商品も医薬品だけではありません。そのような商品の管理責任が発生することも特徴です。

ドラッグストアで働くメリットは、薬だけではない幅広い商品の展開をしているため、店舗経営などの幅広い業務についての知識が身につくことが挙げられます。また、接客機会が多いため、顧客とコミュニケーションを頻繁に取りたいという人には向いていることでしょう。収入も高めであることが多いうえに、採用チャンスもたくさんあると言われています。

デメリットとして、その商品の幅広さから専門外のものを扱う機会が多いため、自分の知識を最大限に活かせない可能性があります。また、業務負荷に陥ることも少なくないそうで、ワークバランスを十分に考える必要がありそうです。シフトによっては休みづらいかもしれません。