こんなにあるの?!薬剤師の就職先について調べてみた!















調剤薬局で働く

病院などの医療機関で、医師が出す処方箋をもとにして薬を調剤するのが調剤業務での薬剤師の仕事です。そのため、処方箋の服用方法を患者の方に説明したり、日々の健康に対してのアドバイスを行ったりして、病気の予防に対して有効な薬の情報などを提供したりします。では、薬剤師の資格を持ちながら調剤薬局で働くことにどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

まずメリットですが、薬を調剤するときに患者さんとコミュニケーションを取れるということが挙げられます。顔を直に合わせて処方をすることで、より具体性の高い処方が出来るとも言われますし、働いている充実感にもつながります。また、日々の業務の中で処方箋薬についての理解が深まるという点も見逃せません

デメリットとして挙げられるのが、総合的なスキルアップが難しい場合がある点です。処方箋が特定のものに偏っている場合はそちらの知識ばかりついてしまうからです。また、調剤薬局は働いている人数が少ない傾向にあるため、人間関係が悪化すると居心地が悪くなってしまうのも問題として挙げられます。

調剤薬局は、患者さんとの距離が近くなりやすい職場です。そのことがやりがいにつながることもあるので、注目されています。