こんなにあるの?!薬剤師の就職先について調べてみた!















薬剤師として働く

人々の健康を守る資格はいくつもありますが、その中でも薬に関して専門的な知識を持っているのが薬剤師です。薬剤師の就職先は多岐に亘り、その業種ごとに特徴があるとも言われています。一体、薬剤師の就職先にはどのようなものがあるのでしょうか。そこで働くことのメリットやデメリットを探っていきましょう。

一般的に薬剤師が勤めているイメージが多い調剤薬局ですが、こちらのメリットは患者さんとのコミュニケーションや処方箋自体の詳しい知識が付くといった、業務で身につくものが多いです。薬を日々取り扱っている仕事ならではの最前線の現場を見ることが出来ます。病院は、処方箋だけではなく医師や看護婦とともに患者の健康を考えることが出来るという特徴があります。そのため、医学的な観点をキャリアとして積み重ねることが出来るというメリットがあります。少し毛色の違うドラッグストアでの勤務の場合、OTC商品の販売を行うので、適切に顧客にアドバイスを行い、その知識を活かす必要があります。また、日用品などの販売もドラッグストアでは行なっているので、医学以外の経営に関しての造詣が深まるというメリットがあります。将来、何かしらの経営をしたいと考えている人ならば、一度は経験しても良いという意見もあります。

薬剤師の就職先は多岐に亘るため、どのような道に進むのか悩んでいる人もいるかと思います。この記事を読むことで、その悩みが軽減されると嬉しいです。最後までお付き合いください。